オフィス移転の心得

オフィス移転と一言でいってもそこでかかる時間やコスト、労力は膨大なものになってきます。上手にコントロールできるかどうかで、結果が大きく変わってきますので、まずはオフィス移転を行うに当たっては色々なポイントをチェックしてから進めるようにしましょう。

ポイント1.オフィス移転の目的を確認

オフィス移転といってもいろいろな理由によって行われます。規模拡大もあればコスト見直しに伴う規模縮小、業務効率化を図る上での拠点移動等々目的によってオフィスに求められるものも変わってきますので、きちんと理由や目的を再度明確にし、コスト・品質を最適化できるように準備しましょう。



ポイント2.移転専門業者を活用しよう

オフィス移転を行う場合、それに伴って行わなければならない事は山のようにあります。しかしオフィス移転自体そうそう行われるものでもなければ、会社の担当者が十分な経験を有するものでもありません。 そういった場合に役に立つのが移転専門業者です。彼らの持つノウハウを上手く活かしつつきちんとコントロールすることで、無駄のないオフィス移転を目指しましょう。



ポイント3.情報インフラには特に注意しよう

移転後によく発生するトラブルとしては、電話回線やネットがつながらないため業務に支障をきたしたり、移転先の住所や電話番号の連絡が十分に徹底できていないためお客様に対して十分なサービスを提供できない。といったことが挙げられます。
現在において社内外の業務においてネット環境などは必須ですので、この部分がきちんとできないと会社に対して大きな損害を生み出しかねません。 移転担当者はその辺を十分に注意して関係各部署との調整を行ってください。