原状回復に関する注意点

オフィス移転に関わらず現状回復費用というのはまだまだ昔ながらの商習慣や曖昧な部分が残っており、見積もり金額についても曖昧に算定されるも決して少なくはありません。結果的に原状回復費用を過大請求されるケースも多々見受けられます。

これらはもともとビル管理会社やビルオーナーが専門家である以上、多額の保証金返還を安易に行わない事もある一方で、最初に結んだ賃貸契約が賃貸契約者にとって不利なものになっていたり、賃貸に伴う敷金や保証金といった問題に詳しい専門家が決して多くない事も理由の一つと言えます。

ではどのようにして原状回復に関する問題に対処すればいいでしょうか。



契約内容を見直す

賃貸契約時に交わした契約内容を再度見直して、現状回復についての取り決めを再度確認するようにしましょう。あまりに内容的に不利な内容になっている場合は一度専門家に相談するのも手だと思います。

 

現状回復費用の内訳を見直す

原状回復費用の請求がきてみて、思いのほか金額が跳ね上がっている場合がありますが、明細を見てみると細かいところの数字が間違っていたり、業者選定が偏っている場合もあります。最初の契約内容に関わる部分もありますが、そうでない部分もありますので、まずはきちんと内容を吟味するようにしてみましょう。


専門家に相談する

原状回復に関する問題を良く耳にするということは、それだけ多くのやり取りがされているということですから、それに詳しい専門家に相談するのは一番早いと言えるでしょう。もちろん必要以上に揉めるようなことは双方にとっても望ましいことではないので、そういったことも踏まえて選ぶ必要があると思います。