セキュリティ対策について考える

新しいオフィスに移転する際にもう一つケアをしておかなければいけないのが、オフィスのセキュリティになります。
社内への人の出入りだけではなく、社内外のネットワークの流れなど特にオフィス移転でなかなか慌ただしい時などはその部分に隙ができる可能性がありますので特に注意を払う必要があります。
個人のPCに重要な情報を残さないようにすることはもちろんですが、個人情報や、電子化されていないデータの移動など特に気をつけるようにしてください。

 

オフィス移転に伴うセキュリティケア

オフィスについては、フロアの作りを行う上でゾーンセキュリティの概念に基づき設計することが重要です。また、セキュリティキーや入退室管理を行い人の出入りを管理することでオフィスのセキュリティレベルを一定に保つことができます。

ネットワークについては、重要なデータを個人のPCや記録媒体に残すようなことはせずにセキュリティのしっかりしたサーバーにまとめるなどの対策はもちろんですが、個人のPC毎のセキュリティもしっかりさせることで、外部からの悪意のある攻撃等に対応できるようにする必要があります。

オフィスのセキュリティについては、オフィス規模や使用目的等によっても変わってくると思われますが、各個人のセキュリティに関する意識・取り組みでも変わってきますので、移転に伴ってではなく常日頃からきちんと組み立てておくことがなによりも重要になります。