移転業者の選び方

オフィス移転に関するノウハウを持つ移転業者は企業の移転担当者にとっても強い味方になります。しかしながら一概に移転業者といっても非常に多く存在します。また移転業務について自社内で企画設計から管理までできる体制か、業者に委託するかによっても選ぶポイントは変わってきます。
社内の移転業務の体制次第でそれぞれ以下のようなメリットデメリットがあるので注意するようにしましょう。


社内で企画設計から管理までする場合

この場合はそれぞれの作業毎に専門業者に発注し、管理することになります。そのため個々の業者の手配や工程管理に時間がとられますが、一方でコンペ等をきちんと行い全体のコスト等を調整できれば有効な方法です。 ただし前提として会社側で統括する必要があるのできちんとプロジェクトとして動くことがベストといえます。

 

業者に委託する

業者に委託する場合の最大のメリットは、先に述べたコスト調整や企画設計といったことも業者に任せることができるため、自社では全体の進行管理に特化できる点です。
ただしこの場合委託する業者のスキルに左右されるオフィス移転になる場合が多く、現在のように単純な引っ越しではなく、通信系やセキュリティ面など注意すべき点も増えているため、できるかぎりトータルでの知識を有する業者を選ぶようにすることが重要です。